膣トレの方法と手順を学ぶ!

膣トレの方法と手順についてご紹介!

 

いろいろなメディアで膣トレが注目されていますが、ひとことで膣トレといっても、方法はさまざま。どんな方法が正しくて自分に適しているのかよくわからないという方もいらっしゃることでしょう。間違った方法で膣トレを行ってしまうと、効果がないばかりか体を傷つける原因になってしまうことも。正しい膣トレの方法を知って、魅力的なボディを目指しましょう。

■膣トレを行うと、こんなメリットが!

膣トレとは、骨盤内にある膀胱・子宮・直腸を下から支え、腟や尿道・肛門が通る骨盤底筋を鍛えて、膣のまわりの筋力をアップさせるトレーニングのことをいいます。膣トレは魅力的なボディ作りのためだけでなく、健康面でもうれしい効果があります。骨盤底は、筋肉と靭帯・筋膜で構成させる臓器ですが、この臓器の役割は、骨盤内臓器の配置の維持と排泄です。ですから膣圧の低下は、骨盤臓器脱(子宮脱)や尿漏れなどの病気にもつながります。

また、出産などを経験された方は「緩んでしまったのでは…」という不安から、ラブタイムに積極的になれないなど、精神的な部分に影響を受けることもあります。そこで有効なのが、膣を引き締める腟トレーニングです。彼とのラブタイムに自信を持つことができ、さらに骨盤内の血流増加により卵黄機能アップして女性ホルモンバランスがよくなるなどうれしいメリットが多くあるのです。

■正しい膣トレーニングの方法

膣トレは短時間で毎日行うものから、ゆっくり自分のペースで行うものまでいろいろな方法があります。

(1)仰向けになってトレーニング

仰向けに寝そべって脚をまっすぐに伸ばし、床から腰を15cm上げて、さらに腟と尿道を締めて、そのまま15~30秒間カウントします。これを5セット行います。

(2)立ってトレーニング

脚を肩幅に広げリラックスして立ちます。

次に息を吐きながら、5秒かけて膣や肛門を締めて、胃のほうに持ち上げます。

5秒かけて息を吸いながら力を弱めます。

再び息を吐きながら腟と肛門を締めて、持ち上げましょう。

これを数回繰り返します。電車を待っている時、お皿を洗っている時、座りながらでもできる簡単な方法なので、思いついた時にいつでもエクササイズできます。

(3)座ってトレーニング

普段の生活の中でもできる簡単な方法として、背筋を伸ばして背中と太ももが「L字」になるように座り、腹式呼吸をする。その時に両膝の間に紙を1枚挟むと、太ももの内側に力が入るのでさらに効果的です。腹式呼吸で、息を吐くときに、腟と肛門を締めて持ち上げ、息を吐く時に緩めます。

(4)ひじや膝をついてトレーニング

四つん這いになりお尻は高く上げたまま、ひじを床につけあごを手に乗せます(クッションなどを下に敷いて行いましょう)。その姿勢で肛門と膣に、5秒間力を入れる→緩める。これを5回×3~10セット行います。

その他にもエクササイズの時に、インナーボールなどの専用グッズを使用して行う膣トレの方法もあります。ボールによって負荷をかけた筋肉トレーニングになるので、膣トレ上級者の方にもおすすめです。

■膣トレを行う上での注意点

膣のトレーニングを行う上で注意したい点は、正しい方法で自分に合ったペースで行うことです。力を入れる部分を間違えると効果がないどころか、骨盤底筋群を傷つけてしまうこともあります。全身をリラックスして、肛門と腟まわりの筋肉のみを収縮、弛緩できるように練習しましょう。膣トレグッズを選ぶときは、日本人女性の体に合った製品を選び、衛生面にも注意したいもの。さらに体に負担をかけないような使い方をマスターしましょう。

常日頃から正しい姿勢を保ち、正しい腹式呼吸をしているだけで、膣力アップします。背骨を伸ばした正しい姿勢でいるだけで、自然と腹筋と背筋に力が入り、インナーマッスルが鍛えられます。膣トレを、短時間でも毎日続けるとともに、毎日の生活の中で姿勢と呼吸を意識することも大切です。

膣トレの方法はさまざまですが、手軽に取り入れられるものもあり、思いついた時にいつでも行うことができます。毎日の小さな努力が、引き締まった魅力的なボディ作りには欠かせません。くしゃみによる尿漏れなどで悩んでいる女性にもおすすめの方法なので、まずは、今日から膣トレを始めてみてはいかがでしょうか。

CATEGORIESカテゴリーから記事を探す

詳細カテゴリーから記事を探す