初心者のための膣トレ入門講座

初心者のための膣トレ入門講座

 

「膣トレ」はどこの筋肉を鍛えるもので、どういったメリットがあるのか知っていますか?膣の締まりが良くなるということばかりが注目される「膣トレ」ですが、それ以外にも女性にとってうれしいメリットがたくさんあるのです。初めての膣トレに挑戦したいという方のために、正しい知識やその方法をお教えします。

■「膣トレ」ってなに?

「膣トレ」は、骨盤底筋群体操やケーゲル体操とも呼ばれ、子宮や膀胱、膣を支える骨盤底筋群を鍛えるためのトレーニングです。骨盤底筋群は、鍛えないでいると年齢とともに弱くなります。また、下半身にあるため重力の影響を受けやすく、肥満や出産、姿勢の悪さなどでも強い負担がかかり衰えてしまうのです。骨盤底筋群の衰えは尿漏れや失禁、子宮脱や膣のゆるみの原因となります。では、あなたの膣圧をチェックしてみましょう。

あなたはいくつあてはまる?膣圧チェックリスト

(1)排尿時に自分でコントロールしておしっこを止めることができない

(2)尿意を我慢することがつらくなってきた

(3)くしゃみをした時に尿が漏れることがある

(4)入浴後に膣からお湯が漏れ出してくることがある

(5)出産経験がある

2個以上当てはまった場合は、膣圧が低下してきていることが考えられます。早めに「膣トレ」を行いましょう。

■女性の体のバランスを整えてくれる「膣トレ」

「膣トレ」には、女性の体のバランスをうまく整えてくれる、うれしいメリットがたくさんあります。美容面では、骨盤底筋群と連動している腹横筋が鍛えられ、姿勢を保てるようになり、ウエストやヒップが引き締まりボディラインを美しく保つことができるようになります。また、骨盤底筋群は、骨盤内臓器の配置の維持と排泄を司る筋肉群なので、鍛えることで便秘や便モレの改善につながります。便秘はポッコリお腹や肌トラブルの要因ともなるもの。便秘が解消されることで、それらも自然と整ってきます。健康面では、尿漏れや頻尿などの排尿トラブルや子宮脱の防止に役立ちます。セクシャルな面では、膣の締まりが良くなるため、パートナーとのラブタイムが充実します。ラブタイムがより良いものになれば女性ホルモンの分泌が盛んになり、魅力アップも期待できるでしょう。

■初心者でも大丈夫!カンタン膣圧トレーニング

「膣トレ」初心者の方にも安心して試していただける、簡単なトレーニングの方法をご紹介します。

簡単!初めての膣トレにおすすめの方法

(1)体の力を抜いて深呼吸してリラックスします

(2)背筋を伸ばして足を肩幅に開き骨盤底筋を緩めます

(3)ゆっくり息を吐きながら、おならを我慢する時のように、肛門に力を入れて締めます

(4)次におしっこを我慢する感じで膣と尿道を締めます。

(5)力を入れたまま肛門、膣、尿道を体の内側のほうに向かって引き上げるイメージで引き締めます

(6)その状態を5秒キープし、次に5秒緩めます

以上を1セットとして続けて5セット、1日に3回から10回行いましょう。慣れてきたら、締める時間を10秒くらいまでのばしてもかまいません。「膣トレ」は正しい姿勢で行わないと意味がないので、肩や腹筋、お尻に力が入っていないか、膝が動いていないかなど、チェックしながら試してくださいね。力の入れ方がよくわからない場合は、膣トレグッズを使うとコツをつかみやすいでしょう。ただし、膣トレグッズはデリケートな部分に挿入するものなので、説明書をきちんと確認して使用するように注意が必要です。グッズ挿入時に痛みやハリがある場合は、無理をせずに膣トレを中断したり、潤滑剤などを使ったりしてスムーズに挿入できるように工夫しましょう。

メリットがいっぱいの「膣トレ」は、やり方をマスターすれば短い時間に簡単に行うことができます。体の力を抜き、リラックスして初めての膣トレに挑戦してみましょう。

 

CATEGORIESカテゴリーから記事を探す

詳細カテゴリーから記事を探す